いいのペットクリニック

ご相談・お問合せは 011-899-1212

お知らせ news

犬の熱中症について

暑い日が続きますと、ワンちゃんの熱中症が心配になります。

こちらではワンちゃんの熱中症を知っていただき、大切な家族が熱中症にならないように、

また、もしなってしまった時の対応をご紹介させていただきます。

 

●ワンちゃんの熱中症の症状とは?●

 

暑さで元気がなくなり、ハアハア激しいあえぎ(パンティング)の呼吸と大量のよだれが出ます。

また、目が充血したり耳の内側や口の粘膜の赤味が強くなるのもよくみられる症状です。

 

       →この段階で涼しい場所に移動させるのが理想です!

 

体温が下がると呼吸も落ち着いてきますが、熱中症では体温が下がらず、

さらに呼吸は浅くなり体温は40℃を超え、脈拍が速くなったり、時に下痢や嘔吐の

症状や、ぐったりしてけいれんを起こすこともあります。

さらに症状が進むと、脱水症状がひどくなるため、血液の循環が悪くなり意識がもうろうと

してくるなどのショック状態をひき起こしとても危険状態となります。

 

       →命の危険性があるため、早めに動物病院を受診しましょう。

 

●熱中症かな?と感じたら●

とにかく「身体を冷やす!」ことが最も重要です。

身体全体を水で濡らし扇風機などで風を送り身体を冷やします。

首、脇、股の間に水で濡らしたタオルや保冷剤を当てると体温を素早く下げられます。

 

応急処置後は必ず、かかりつけの病院へ連絡し診察を受けて下さい。

移動する車内もできるだけ冷房を直接体に当て、冷やしてあげて下さい。

 

●ワンちゃんを熱中症から守るおすすめ予防法!●

◆暑さが厳しい時間帯のお散歩は避けましょう。

◆日光を浴びたアスファルトは夕方でも熱が残っており、体と地面の距離が近いワンちゃんは

熱く感じるので注意しましょう。

◆お家にワンちゃんをお留守番させる場合には涼しくして外出しましょう。

その際は、十分水分が摂れるようにしておいてください。

◆犬と車で出かける際は、事前に冷房で社内を冷やしましょう。

車に犬を放置するのは命の危険があるため5分でもNGです。

 

 

 

少しでも「いつもと違う!」と感じたら、すぐに動物病院で診察を受けるのがおすすめです!!

当院は診察予約は不要となっておりますので、気になる症状がある場合はお気軽にお越しください。